Q) 競合他社のキーワードを買うのってアリなんですか?

A)
競合他社の社名やサイト名、商品名などで入札するのは基本的にナンセンスです。

企業名やサイト名、商標登録されている商品名やサービス名などはGoogleアドワーズではガイドラインに抵触することがあります。
また、オーバーチュアにおいてもそういったキーワードが入札されると事前、または事後審査が行われ、コンテンツとの関連性が低いとみなされると停止措置がとられます。

企業によってはあらかじめ自社関連の固有名詞について他社の広告を掲載しないような申請を行っているところもあり、遅かれ早かれ停止措置がとられることになります。

例えば、ポータルサイトや販売代理店など、他社製品を扱っていることが明白なサイトであれば、その製品名のキーワードを買うことは有効ですが、競合他社の関連キーワードで検索しているユーザーを取り込むという目的での入札は長い目で見ておすすめはできません。
そういったワードで検索しているユーザーは、その企業のその製品に関心があるわけですから、そこへ競合他社のページに連れてこられるとサイトや企業の信頼を損ねかねません。

また、キーワードと関連のないページへの誘導になるわけですから、当然コンテンツとの親和性は低くなり、広告の品質に影響を及ぼします。広告の品質が落ちると広告グループやアカウント全体の品質に影響が出ますので、いずれにせよ、メリットはないものと考えてよいと思います。

| トラックバック(1)

トラックバック(1)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Q) 競合他社のキーワードを買うのってアリなんですか?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://sem.kwhunter.com/mt/mt-tb.cgi/19

オーバーチュアのスポンサードサーチにて『Google Chrome』と検索すると、マイクロソフトの『Internet Explorer 8』の広告が出稿... 続きを読む