Q) SEOを意識したサイト移転を計画するには?

A)
まず、移転対象のサイト全体のSEO資産(検索エンジンの評価、順位、歴史)を調査しましょう。

SEO資産を維持したままサイト移転するには、サーバーサイド301リダイレクトを使用します。
301リダイレクトとは「このURLは現在使われておりません、新しいURLはこちらです」というWEBサーバーの指示です。検索エンジンもこの指示に従って新しいURLをみつけます。
検索エンジンはサーバーサイド301リダイレクトを使用した場合に限って、古いURLのSEO資産をある程度のレベルで新しいURLに引き継ぐことができます。

つまり移転計画とは「旧URL」と「新URL」の一覧を作成し、このページの資産はあのページに引き継ごう、という対応一覧表を作成することです。

旧URLの調査は、サイトのトップページから始まり存在するURL(ページ)を俯瞰的に調査します。
ここでは資産価値のないURLは思い切って切り捨てていきましょう。切り捨てる、ということは「資産がないのでリダイレクトしない」ということです。
資産価値は以下の基準で判断してください。

  • (擬似)静的なURLである(動的URLでもパラメータが少ない場合などは対象とする)
  • 検索エンジンにインデックスされている(歴史がある)
  • GoogleでPageRankがついている(評価されている)
  • 特定のキーワードで上位に表示されている(価値がある)

上記の基準をある程度満たすページはおおよそトップページに近い上位階層のURLが多いです。
たとえばカテゴリページ、サイトマップページ、ランキングページなどです。
逆に商品詳細ページなどは深い階層のURLはPagerankがついていないケースが多いですから場合によっては対象から外してもよいかもしれません。

次に新しい遷移先のURLを設計します。
もし古いドメイン以下のページ構成をそのまま新しいドメイン以下に展開する、ということであればこのステップは必要ありませんが、システムが変更になってURL構成が変わるような場合は新しい遷移先のURLパターンを検討してください。(URLはパターン化されていたほうが実行時の設定、処理が簡単です。)

さて新旧URL一覧ができたところで、1対1でマッピングしてみてください。
マッピングする際には、なるべく同じキーワード、似通ったキーワードのページと結びつけます。どうしても同じようなページがない、という場合は仕方ないので新しいドメインのトップページへ結びつけてください。

このマッピング作業(移転計画)はとても重要ですので、コストもサイト規模に比例してかかります。
ちょっと移転する気がなくなってきたのでは(笑)?

| トラックバック(1)

トラックバック(1)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Q) SEOを意識したサイト移転を計画するには?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://sem.kwhunter.com/mt/mt-tb.cgi/23

Webサイトを移転するとき、みなさんはどうされますか? 今回、ボスがご自身で趣味のブログを移転され、いろんなデータを頂きましたので報告いたします。 これか... 続きを読む