URLの正規化ができていないよく見かける4つのケース

Web担当者Forumにて伊藤大典が連載する「エンジニアのためのSEO入門」へ、第4回「URLの正規化ができていないよく見かける4つのケース」が掲載されました。

URLの最適化シリーズ、2つ目のポイントはURLの「正規化」です。
永続性を視野に設計したURLですが、パラメータの付加などによってリンクが分散してしまうと、永続化の本来の効果が得られなくなってしまいます。今回は、よく見かける正規化できていないケースを紹介し、その対策・修正方法を解説していくことにしましょう。

URLの最適化3つの方法
永続化
正規化 ←この記事で解説
静的化

(発信元:Web担当者Forum)

>>記事の全文はこちら(Web担当者Forumへ)

| トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: URLの正規化ができていないよく見かける4つのケース

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://sem.kwhunter.com/mt/mt-tb.cgi/41