グーグルがスマートフォンUAのクローラを発表

12月15日~16日に米グーグル並びにグーグル日本法人から、スマートフォンのユーザエージェント(以下UA)を持つクローラーが発表されました。

昨年・今年から同様のクローラーを試験的に巡回させていましたが、正式な発表となりました。今回はクローラーに対する弊社の考察とクローラーUAの識別方法をまとめます。

今回の発表内容は次の通り。

  • 「現時点における」スマートフォンとフィーチャフォンのクローラUA
  • フィーチャーフォン(いわゆる日本国産のガラケー端末)専用サイトと、
    スマートフォン専用サイトとのUA振り分けに関して、
    Googlebot-Mobileの判定方法を見直すこと

検索エンジンに詳しい担当者であれば「専用クローラとくれば専用検索が出てくるのでは?」と想像しますが、今回の発表ではスマートフォン専用検索の可能性については触れていません。
ただし、日本版公式ブログには「主にはスマートフォン向け検索の品質向上に利用されますが、」と匂わすコメントも。ただ、現時点では「このサイトがPCサイトであるか、スマートフォンサイトであるか」容易に判定できない課題が重く、直近ではスマートフォンサイトだけの検索サービスが提供される可能性は少ないと見た方が良いでしょう。

※スマートフォンでしか見ることができないページも少しづつ増えている中、「全ての情報を整理する」ことを目標とするGoogleとしては、このようなページをユーザーに届けるための仕組みを用意してくるでしょう。

どの文字列からスマートフォン専用クローラのUAを識別するか

先ほどの日本版公式ブログでは、Googlebot-Mobileに対する方針を見直すよう書かれています。UAはブラウザや携帯電話の機種から識別するのが一般的ですが、日本版公式ブログにも「現時点で」とあるように今後UAの書式が変更される場合があり、機種名など変更の可能性が高い文字列は注意が必要です。

「Googlebot-Mobile」と「iPhone」の両方を含む場合、スマートフォン専用クローラであると識別する形が良いでしょう。
また「iPhone」だけではなく、公式ブログには記載していないAndroid端末のクローラUAも追加しておきたい所です。現時点では非公式となりますが、クローラを収集している海外サイトで何件か確認された、との報告があります。発見の報告がされたクローラは、いずれも「Android」が記載されているため、「Googlebot-Mobile」と「Android」の両方を含む形で識別できます。
※Android版の情報は弊社の見解であり、非公式である点に注意してください。スマートフォンサイトの生ログを解析してAndroid専用クローラーのアクセスが確認できた後、Android版のUA判定を追加する形が堅実です。

クローラUA識別方法のベストプラクティス

PCサイト:
Googlebotの文字列を含む
スマートフォンサイト:
Googlebot-MobileiPhoneの文字列を両方含む
※Android端末はGooglebot-MobileAndroidの文字列を両方含む(非公式)
フィーチャーフォン:
Googlebot-Mobileを含み、かつ上記「iPhone」と「Android」を除く

次回、PCサイト、スマートフォン、フィチャーフォンの3サイトで同一URLアドレスを持つべきか、それぞれ別々のURLアドレスを持つべきか、URLアドレスの持ち方について解説します。

| トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: グーグルがスマートフォンUAのクローラを発表

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://sem.kwhunter.com/mt/mt-tb.cgi/70