スマートフォンサイトとPCサイトのURL振り分けを考える

前回『グーグルがスマートフォンUAのクローラを発表』では、Googleのスマートフォン専用クローラーについてその判定方法をまとめました。今回はURLアドレスを設計する際にネックとなる「スマートフォンサイトとPCサイトでURLアドレスは同一であるべきか、それとも別々の異なるURLアドレスとするか」について考えます。
結論を先に述べると、「同一URLと別URLどちらにもメリット・デメリットがあるので、サイト規模や運用負荷などを考慮して相応しい方を選ぶこと」となります。

フィーチャーフォンサイト/PCサイトのURL振り分け

スマートフォンサイトを語る前に、まずフィーチャーフォンサイト/PCサイトのSEO、いわゆるモバイルSEOのURL振り分けをまとめます。

別アドレスを採用してクローラー全開放が理想的

ベストプラクティスは、フィーチャーフォンサイトとPCサイトはそれぞれ異なるURLアドレスで展開、クローラー判定は何も設定せず両サイトにPCとモバイル全てのクローラーを解放する方法です。
別URLを支持する理由は運用面でのメリットが大きい為です。クローラーのUA判定が不要になる、またコンテンツの振り分け処理も要らなくなる為、特に振り分けの設定が複雑化する大規模サイトほど運用が楽になります。

デメリットとしてPCサイトユーザーからフィーチャーフォンサイトをアクセスできる点を懸念される方も多いと思いますが、弊社アユダンテでは問題はないと考えます。「コンテンツが端末に対応していないからユーザーを拒否する」のは運営者側の都合によるものです。ユーザー視点からすれば「端末に問わず全てのページにアクセスできる」べきで、アクセス後、それぞれの端末に最適なコンテンツに誘導すれば良いと考えています。

同一URLでは振り分け処理が負担となる

同一URLを採用する場合、UA判定からフィーチャーフォンサイト/PCサイトのコンテンツを振り分ける方法(シングルURL)でもSEO施策効果には影響しません。同一URLと別URLでもSEO効果は等しいと考えてよいでしょう。
前述の別URLではメリットとして「UA判定による振り分け処理不要」を挙げましたが、同一URLでは逆に「UA判定による振り分け処理の負担」がデメリットとなります。
このコンテンツ振り分けは実に厄介で、PCサイトのページからフィーチャーフォンサイトの適切なページ(同じテーマ、同じカテゴリ名、同じ商品ページなど)に転送するだけの設計となりますが、設定対象がより下層のページとなる程、また対象ページ数が多い程、振り分けの設定が細かくなり複雑化していきます。
また、PCサイトとフィーチャーフォンサイトでサイト構造やコンテンツ内容、URL設計パターンが異なる場合だと、例えば『PCサイトの「みかん」カテゴリはフィーチャーフォンサイトには無いので、似たテーマで「果物」カテゴリに転送する』といった1対多、多対多の対応が必要となり、振り分け処理がさらに複雑になっていきます。また、設定完了後も新しくページが追加する度に設定を見直す必要があります。別URLでは、この振り分け処理が不要になり、設定・処理に伴う運用コスト・人的コストを圧縮することができます。
※必ずしも別URLである必要はありません。ページ数の少ない小規模サイトではコンテンツ振り分け負荷も小さく済むため、同一URLでも十分運用できます。振り分け処理の複雑性や運用負荷を考慮して相応しい方を選択しましょう。

最後に、別URLでのSEO施策は、PCサイトとフィーチャーフォンサイトでは検索エンジンのシステム(クローラー、アルゴリズム、検索結果画面)がそれぞれ異なる点が重要です。PCサイトとフィーチャフォンサイトのSEO効果は互いを干渉していない為に、別URLでの展開が可能と言えます。

スマートフォンサイトのURL振り替え ~同一URLか別URLか

ここからはスマートフォンサイト/PCサイトのURL振り分けを考えていきます。
※フィーチャーフォンを含むと、スマートフォン/PCサイト/フィーチャーフォンサイトの三つ巴となり、ややこしくなるので本文では解説しません。前述の「フィーチャーフォンサイト/PCサイトのベストプラクティス」をご参照ください。

別URLを採用する場合

  • メリット:振り分け処理が不要となり、運用負荷を軽減できる。
  • デメリット:PCサイトページとスマートフォンページでキーワード重複と外部リンク分散の問題が発生する。
    ※スマートフォン専用検索システムが出そろえばキーワード重複の問題は解消される。

まずはフィーチャーフォンのベストプラクティスと同じく、スマートフォンサイト/PCサイトで別URLを採用するケースを考えます。クローラー判定は何も設定せず、端末を問わずスマートフォンサイト/PCサイト/フィーチャーフォンサイトの全ページにアクセスできる形にします。
別URLにすることでスマートフォンとPCサイトのコンテンツ振り分け処理に係る運用負荷を解消できます。特にフィーチャーフォンが加わると、スマートフォンサイト/PCサイト/フィーチャーフォンサイトの3サイトで振り分け処理を行うこととなり設定はさらに複雑に、運用負荷はさらに大きくなりますので、運用負荷の解消は大きな利点となりそうです。

ただし、SEOのデメリットもあります。
現状ではPCサイトページとスマートフォンページは同じ検索結果画面での表示となり、アルゴリズムは想像になりますがスマートフォンとPCサイトで同じものを採用していると考えられます。一つの検索結果画面に同じページが2枚存在することになり、キーワード重複と外部リンクの分散が発生します。これを解消するには、PCサイトページとスマートフォンページでキーワードを差別化させる必要があります。差別化ができないサイトには不利となります。
※今後、スマートフォン専用のアルゴリズムと検索結果画面が出てくれば、フィーチャーフォンサイトと同じ形となり、キーワード重複の問題は解消されます。ただし、今後スマートフォン専用検索が出てくるのか、何時頃出てくるのかは未定で不確定要素が残ります。

同一URLを採用する場合

  • メリット:スマートフォン検索結果はPCサイトの検索結果を出している現状では、PCサイトのSEO効果をそのまま得られる。
  • デメリット:コンテンツ振り分けの複雑化と運用負荷

代わってスマートフォンサイト/PCサイトを同一URLで運営するケースを考えます。クローラーを適切なコンテンツに振り分けるためのUA判定が必要になります。メリットとして別URLとは逆にPCサイトのSEO効果をそのまま得ることができますが、コンテンツ振り分けにかかる運用負荷が発生します。ページ数が多い大規模サイトほど設定の複雑化と運用負荷は大きくなります。
※スマートフォン/PCサイト/フィーチャーフォンのUA判定方法をまとめたものが下記の図となります。「Googlebot-Mobileを含みiPhoneとAndroidを含むもの」がスマートフォン、逆に「Googlebot-Mobileを含みiPhoneとAndroidを除くもの」がフィーチャーフォンと判定します。

UA.png

レスポンシブ・ウェブデザインについて

同一URLでは、コンテンツ振り分けを行わず画面構成を組み替えるレスポンシブ・ウェブデザインも検討できますが、これとSEOの関係については次回解説します。

現状では同一URLが有利か?

スマートフォンサイト/PCサイトの同一URL・別URLはSEO施策効果と運用面でそれぞれメリットデメリットがあります。Googleのスマートフォン検索がPCサイト検索を兼用する現状では、同一URLの方が少し有利といった所でしょうか。小規模サイトは同一URLが無難かも知れません。ページ数が数千~数万に及ぶ大規模サイトでは、コンテンツ振り分けの複雑性と運用負荷を意識しつつ、SEO施策効果と運用コストを秤にかけて、同一URLと別URLかどちらかが費用対効果に優れているか試算することもできます。
※振り分け処理の運用負荷だけではなく、他にも、サイトの環境やコンテンツの規模、スマートフォンユーザーの動向などによって取るべきURL設計は変わってきます。また、一方のみを採用する必要はなく、例えばトップページ周辺の重要キーワード:同一アドレスでUA判定振り分け、下層のページ群:別URLで運用負荷を削減するといったハイブリッド型のURL設計も検討できそうです。

| トラックバック(1)

トラックバック(1)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: スマートフォンサイトとPCサイトのURL振り分けを考える

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://sem.kwhunter.com/mt/mt-tb.cgi/71

1週間のSEO/SEM情報をさくっとまとめるこのコーナー、今週のトップストーリーは、プレイス検索SEOの話題。また、スマホ関連のSEOトピックが2つあるほ... 続きを読む