SEO&SEM対策 一問一答

五足の靴は、SEOの第一線で活躍する面々が、SEO&SEMの現場の疑問にお答えします!

RSS

SEO&SEM 五足の靴でタグ「キーワード」が付けられているもの

A)
今回は五足の靴の読者の方から編集部にお問い合わせをいただいた下記の質問をご紹介し、回答していきます。
ご質問ありがとうございます。

「キーワードの選び方の後篇で、化粧品がビックワードとありましたが、グルーピングではグループ1のメインキーワードに分類されていたと思います。
 そのような、ビックキーワードをメインキーワードにして、トップページは化粧品というキーワードでSEOをかけていくと、かなり大変なように思われるのですがそうした方がよいのでしょうか?
 それとも、化粧品+何かの複合語でSEOをかけるのでしょうか?
 ビッグワードでSEO対策をしていく時のキーワードの扱い方を教えてください。
 よろしくお願い致します。」

トップページで使用するメインキーワードはビッグキーワードがいいです
なぜなら、ドメインのルートにあたるトップページが検索エンジンの評価が一番高いからです。
ただおっしゃるように「化粧品」のような超ビッグワード(人気度も高いけど競争率も非常に高い)で上位を取るのはかなり困難であることが想定されます。

大手の化粧品メーカーなどであれば、優良な被リンクが自然に集まりやすいこともあり、上位表示の可能性もありますが個人サイトや規模の大きくないECサイトなどであれば、xx化粧品や化粧品+xxにしたほうがいいかもしれません。
例えば化粧水や乳液などスキンケアを主に扱っているのであれば「基礎化粧品」、敏感肌にもいい化粧品を扱っているのであれば「敏感肌の化粧品」などの言葉を使うといいです。

A)
今回は五足の靴の読者の方から編集部にお問い合わせをいただいた質問をご紹介し、回答していきます。
こちら、質問者の方の立場(お医者様、患者様)やブログの内容を存じませんので、的外れな回答もあるかもしれません。
また私自身がこの病気に関して知識が薄いため失礼な内容等ありましたらお許しください。

A)
オーバーチュアのキーワード挿入機能はよりフレキシブルです。ぜひ使いこなしましょう。

A)
カテゴリとは商品や記事などのコンテンツを格納する箱のようなもの。
名称を検索されるキーワードにしたり、検索エンジンが好む構造にすればもちろんSEOの重要な1要素となる

A)
キーワードと広告文との関連性を高めるため、キーワード挿入機能をぜひ使いこなしましょう

A)
オーガニックなSEO施策では、検索エンジンから十分な評価を得るまでに時間を要する。
旬の直前にリリースすると繁忙期の段階ではSEO効果も限定的で商機を失ってしまう。少なくとも繁忙期の3ヶ月前にはページを用意しておきたい。

A)
キーワードはなるべく細かくグルーピングしましょう。

A)
掲載順位と実質単価を決める重要なファクターです。

前回の、広告の掲載順位のお話を掘り下げたようなトピックになりますが、その時に触れた「品質スコア」「品質インデックス」は非常に重要な要素なので、今回はこれについてもう少し詳しく解説します。

A)
キーワード選定作業で選んだキーワードはページの主要な箇所に入れていく。
特に重要なのはbodyタグの中のソース上部。headタグの<meta keywords>などは入れても現在ほとんど効果はない。しっかりとbodyの中に出現させよう。

A)
キーワード広告のように、titleタイトルとmetaテキストの内容を適時改善することは正しい行動だと言えますが、SEOでは注意が必要です。
というのも、titleテキストはそのページの主題となり、検索エンジンが最も重視する要素です。titleタイトルを頻繁に変更するということはページの主題も頻繁に変わるということになり、新しい主題に対する検索エンジンの評価が追い付かない場合があるからです。

A)
アクセス解析をしていて、よく聞かれる質問の一つは、「世の中の平均ってどのくらいなんですか?」という質問です。
アクセス解析は、孤独な作業なので、相談する人もいなくて、世間はいったいどうなっているんだろう? と不安になってしまいます。

また、僕がよくセミナーなどで話すことですが、アクセス解析で一番難しいのは、基準がないことです。日に500セッションという、自分の体重が、いったい重いのか軽いのかわからない、というところで、困り果ててしまいます。

ただ、このお話、結論から言うと、サイトごとにデータがぜんぜん違うので、「平均」とかは気にせずに、自分なりの基準値、目標値を設けて、改善の努力をしましょう、というのが、究極の答えになります。

A)
まず、「フランス料理」でどんなキーワードが検索されているか調査して、ターゲットユーザーにリーチできる言葉を選んでいく。そして1からサイト(ブログ)を作る場合にはキーワードから構成を考えるとよい。

A)
言語を問わず、URL文字列上に出現するキーワードは、ページが何の話題と関連性があるかを判定する際の1つの要素として活用しますので、最適化の積み重ねという観点から、やらないよりやった方がいい、といえます。
ただし、目に見えてわかるほどの効果はありません。
あくまで関連性を理解させる手助けの1つです。

A)
低いCPCで高いコンバージョンが得られるキーワードですから、ぜひ買っておきましょう。

今回は前回の質問の続きになります。

A)
キーワードはただ何となく選ぶのではなく必ず調査ツールを使ってその有効性を調べる
ただし基となるキーワードは自分で考えなくてはならず、ある程度ひらめき力が必要。また調べたキーワードが本当に有効か見極める力も重要。
普段からユーザーがどういう言葉で検索するか、自分だったらどういう言葉を入力するか意識しておくとよい。

A)
競合他社の社名やサイト名、商品名などで入札するのは基本的にナンセンスです。

SMX1日目、1回目のセッションはキーワードリサーチを選びました。
実はアユダンテでも昨年からキーワードの選び方講習会を新たなメニューとして追加したり、このブログの1回目の記事もキーワードをテーマにし、私自身キーワードについては非常に興味があるのです。
このセッションも最も大きな会場で実施され、多くの人が熱心に聞いていました。

A)
H1タグは、見出しという論理構造を示すタグです。文章構造において見出しという重要な要素を、クローラ(検索エンジン)に適切に伝達するために必要なものです。

A)
キーワードはSEOの肝
SEO的な"キーワード"とはユーザーが検索エンジンに入力して検索している人気のワードのこと。
カンではなく経験とデータから潜在顧客にリーチできる「有効なキーワード」を選ぶ必要がある。