SEO&SEM対策 一問一答

五足の靴は、SEOの第一線で活躍する面々が、SEO&SEMの現場の疑問にお答えします!

RSS

SEO&SEM 五足の靴でタグ「robots.txt」が付けられているもの

A)
今回は五足の靴の読者の方から編集部にお問い合わせをいただいた下記の質問をご紹介し、回答していきます。
ご質問ありがとうございます。

「SSL証明書が期限切れの場合にWEBサイトのSEOに何か影響は考えられるのでしょうか?」

今回はいただきました上記のご質問に回答したいと思います。

SSLページに関してですが、まずSSLページをrobots.txtなどでクロール対象外としている場合は影響もありません。
一方、特にブロックしていない場合は間接的に影響がある可能性は否定できません。

A)
いいえ。robots.txt で特定ファイルやディレクトリのインデックス(登録)を除外していても、検索結果に表示されるケースがあります。

A)
公開してはいけないものを、うっかり公開してしまった時、とりあえず自分のサーバからページを削除すると思いますが、最近の検索エンジンは公開後からページ取得~検索結果に反映までの時間が非常に短いために、検索エンジンのキャッシュに残ってしまい公開され続けてしまうことがあります。

Googleの場合は、ウェブマスターツール内に用意されている「URL 削除リクエスト ツール」を使用することで、3~5営業日以内で削除することができます。
それでも「3~5営業日」の時間がかかってしまう上、この方法は「少なくとも90日間、Googleのインデックスから除外」されるだけですので、問題のファイルをサーバから削除することは忘れずに行いましょう。