A)
今回は五足の靴の読者の方から編集部にお問い合わせをいただいた下記の質問をご紹介し、回答していきます。
ご質問ありがとうございます。

「SSL証明書が期限切れの場合にWEBサイトのSEOに何か影響は考えられるのでしょうか?」

今回はいただきました上記のご質問に回答したいと思います。

SSLページに関してですが、まずSSLページをrobots.txtなどでクロール対象外としている場合は影響もありません。
一方、特にブロックしていない場合は間接的に影響がある可能性は否定できません。

| トラックバック(0)

Web担当者Forumにて伊藤大典が連載する「エンジニアのためのSEO入門」へ、第7回「クローラビリティを100点に仕上げてURLを検索エンジンに正しく伝える」が掲載されました。

過去5回の記事ではURLの最適化方法として次のことを解説してきました。

URLの最適化方法
クローラー対策とステータスコード
URLの永続化
URLの正規化
URLの静的化

これらは検索エンジン最適化のうち、クローラビリティ改善のための施策となります。「クローラビリティ」とはサイトに対するクローラーの回遊性のことですが、ステータスコードを正しく設定して、URLを正しく設計したことをクローラーに正確に伝えるためには、あと2つ重要な要素があります。

1. リンクは<a>タグで設置する。
2. ページからサイト内の関連するページにリンクを設置する。

今回はその2点について説明したいと思います。この2点を理解してクローラビリティをきっちり確保し、正しくインデックスされるようにしましょう。

(発信元:Web担当者Forum)

>>記事の全文はこちら(Web担当者Forumへ)

伊藤が技術者向けのSEO本を出しました

五足の靴Web担当者Forumで、技術者向けのSEOの解説記事を連載している伊藤が本を出しました。
エンジニアが行うべきSEO対策を取り上げた、エンジニアやエンジニアの力を借りてより高度なSEO対策を行いたいWeb担当者に最適の内容です。

SEOを強化する技術 エンジニアが内側から支えるサイト設計・構築術

| トラックバック(0)

Web担当者Forumにて伊藤大典が連載する「エンジニアのためのSEO入門」へ、第6回「ApacheウェブサーバーのRewrite設定で使える正規表現サンプル集」が掲載されました。

これまで3回に分けて、「URLの最適化」について解説してきました。URL設計時の基本となる永続化の考え方、また被リンクが分散してしまった場合の正規化、そして動的なURLでもしっかりとインデックスしてもらうための静的化(擬似静的化)の手法などです。

URLの最適化3つの方法
永続化
正規化
静的化

いずれもクローラビリティを向上させ、サイトのコンテンツを適切にインデックスしてもらうことが目的ですが、その際にはサーバーの設定を変更する必要があります。今回は、Apacheの代表的なモジュールである「mod_rewrite」のサンプルコードをいくつか紹介していきます。

(発信元:Web担当者Forum)

>>記事の全文はこちら(Web担当者Forumへ)

伊藤が技術者向けのSEO本を出しました

五足の靴Web担当者Forumで、技術者向けのSEOの解説記事を連載している伊藤が本を出しました。
エンジニアが行うべきSEO対策を取り上げた、エンジニアやエンジニアの力を借りてより高度なSEO対策を行いたいWeb担当者に最適の内容です。

SEOを強化する技術 エンジニアが内側から支えるサイト設計・構築術

| トラックバック(0)

Web担当者Forumにて伊藤大典が連載する「エンジニアのためのSEO入門」へ、第5回「URLの正規化ができていないよく見かける4つのケース」が掲載されました。

URLの最適化シリーズ、3つ目のポイントは「URLの静的化」です。
また、これまで解説してきたURL最適化のためのさまざまな取り組みにも関係してくる、Apacheの主要なモジュールである「mod_rewrite」の記述方法も併せて解説していきます。

URLの最適化3つの方法
永続化
正規化
静的化 ←この記事で解説

(発信元:Web担当者Forum)

>>記事の全文はこちら(Web担当者Forumへ)

| トラックバック(0)

Web担当者Forumにて伊藤大典が連載する「エンジニアのためのSEO入門」へ、第4回「URLの正規化ができていないよく見かける4つのケース」が掲載されました。

URLの最適化シリーズ、2つ目のポイントはURLの「正規化」です。
永続性を視野に設計したURLですが、パラメータの付加などによってリンクが分散してしまうと、永続化の本来の効果が得られなくなってしまいます。今回は、よく見かける正規化できていないケースを紹介し、その対策・修正方法を解説していくことにしましょう。

URLの最適化3つの方法
永続化
正規化 ←この記事で解説
静的化

(発信元:Web担当者Forum)

>>記事の全文はこちら(Web担当者Forumへ)

| トラックバック(0)

Web担当者Forumにて伊藤大典が連載する「エンジニアのためのSEO入門」へ、第3回「URL最適化5つのSEOポイント」が掲載されました。

一口にURLの最適化といってもさまざまです。
この連載では、以下の3つの方法を説明していくことにしたいと思います。

永続化 ←この記事で解説
正規化
静的化

今回は、1つ目の「URLの永続化」と、永続化を考える上で必要な「URL設計のポイント」について説明していきます。

(発信元:Web担当者Forum)

>>記事の全文はこちら(Web担当者Forumへ)

| トラックバック(0)

A)
まず、移転対象のサイト全体のSEO資産(検索エンジンの評価、順位、歴史)を調査しましょう。

| トラックバック(1)
A)
本当に移転するんですか? 本当に移転する必要があるのか今一度考えなおしてみませんか?

| トラックバック(0)